FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0316
Wed
tb* 0
com*0

東電鎮火は目視、バラエティアナウンサーしか居ない民放

今朝の福島第一原発の4号機、2度目の火災なんですが鎮火したと思ってただけで確認してなかったのか。東電大丈夫か?


■ 15日の4号機火災の鎮火、東電が確認怠る

 福島第一原子力発電所4号機で16日朝に発生した2度目の火災を巡り、東京電力は同日の記者会見で、「1度目の火災で鎮火したことの確認をしていなかった」と、確認を怠っていたことを明らかにした。火災場所は前日と同じ4号機の北西部分で、社員が目視で鎮火したと思い込んでおり、同社のずさんな対応が浮き彫りになった。

 東電の大槻雅久・原子力運営管理部課長が、同日午前6時45分の会見で公表した。1度目の火災は、15日午前9時38分に発生し、東電は同日、「午前11時頃に自然鎮火した」と説明したが、大槻課長は16日、「社員が、目視で炎が見えないのを確認しただけだった。申し訳ない」と謝罪した。実は1度目の火災が鎮火していなかった可能性を報道陣から指摘されると、大槻課長は「放射線量が高くて現場に近づけず、確認できない」と釈明した。

 東電によると、火災確認後、社員が2度消防に通報したが、つながらなかったため、放置していた。

 2度目の火災は16日午前5時45分頃、4号機の原子炉建屋から炎が上がっているのを社員が確認。午前6時20分に消防に通報した。

 東電によると、福島第一原発では通常、協力企業の社員を含めて約800人が作業を行っているが、被曝の危険性が増した15日、70人を残して福島第二原発などへ退避させた。

(2011年3月16日12時45分 読売新聞)



東電も酷いがこっちも酷い。


■ 「各局のキャスターはスタジオにいるにもかかわらず、余震の被害を恐れてヘルメットをかぶってニュースを読んでいた。

そうしていることで、今回の地震がいかに大規模で被害が甚大であるかを視聴者に印象づけた。

そんな中、フジテレビは『FNNスーパーニュース』のメインキャスターである安藤優子キャスターがメインでニュースを読んでいたが、

ヘルメットを見ると、なんと自局のロゴマークがしっかりと入っていた。現地でリポートするアナウンサーのヘルメットにもロゴ入りで、

こんな時まで自局の宣伝をしたいのか、という感じだった」(社会部記者)


■ さらに、ヘリコプターを使った被災地の中継でこんなひと幕もあったという。

「12日の早朝、両端が寸断された橋の上で助けを求めている人が複数いた。スタジオの安藤キャスターは人数を数えたり、

『救助を求めてますよ』とまるで『助けろよ!』と言わんばかりだったが、ヘリから中継している島田彩夏アナは

『必死に我々のヘリに手を振っています!助けて欲しいようです!』とまで言っておきながら、『どうすることもできません!』とあっさり救助を拒否していた。

ヘリでの中継はこれまでの震災で何度も『助けを呼ぶ声が聞こえない』などと問題になっていたが、今回も改めて問題点を露呈した」(写真誌カメラマン)


■ 問題になっているのはフジテレビの男性アナウンサーで、夫と娘が生き埋めになり安否がわからない女性に対し、執拗に涙を誘う質問をしたというのです。


■ 日本テレビ系情報番組「スッキリ」で、震災地を大竹真アナウンサーがリポートしたのだが、その態度が酷かったと非難が殺到し、日本テレビが厳重注意する騒ぎになっている。

大竹アナウンサーは宮城県の気仙沼市でリポートをしようとしたのだが、中継が自分に切り替わっていることに気付かずに「面白い」などと発言したのだという。その際の動画をネット上で確認することが出来る。



バラエティーアナウンサーしか育成してこなかったツケですね。

こういうときには全く使えないアナウンサーが多すぎて開店休業だと聞いてます。

民放はこういうときは全く見る気になれませんね。


緊張感のない所は全くない訳で。


■ 津波厳戒下 2署も宴会 鹿児島県警 西日本新聞

 鹿児島県警は15日、いちき串木野署と錦江署が東日本大震災が発生し県内に津波警報が出ていた11日夜、飲酒を伴う送別会を宴会場で開いていたことを明らかにした。同県警では志布志署も同様に11日に送別会を開いたことが分かっている。県警は「危機管理意識の不足」として指導する。

 県警警務課によると、いちき串木野署の送別会は11日午後6時半から約2時間、いちき串木野市のホテルであり、奥清文署長ら署員42人中30人が参加。同署は県警本部に「全署員で警戒する」と報告したが、実際に警戒したのは12人だった。

 当時、同市沖では津波警報で旅客船2隻(乗客計178人)が洋上待機を余儀なくされ、乗客は約20時間後の翌日昼まで上陸できなかった。

 錦江署は11日午後7時から1時間半、錦江町内の飲食店で開催。新原耕男(にいはらすきお)署長ら署員34人中25人が参加した。本部には「全署員で警戒する」と報告し、夕方に無断で9人態勢に縮小していた。

=2011/03/16付 西日本新聞朝刊=




放射線量の単位について


数量

単位

自然放射線(世界平均)

2.4

mSv/年間

人体被害確認されない

200

mSv/毎時

致死量5%

2000

mSv/毎時

致死量50%

4000

mSv/毎時

致死量100%

7000

mSv/毎時

3月15日11:00

福島第一原発3号機付近

400

mSv/毎時

胸部X線/CTスキャン 1回

6.9

mSv/1回


1シーベルト=1,000ミリシーベルト=1,000,000マイクロシーベルト

1Sv=1,000mSv=1,000,000μSv


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。