FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0311
Fri
tb* 0
com*0

民主党牧師、土肥参院議員会見詳報

疲労が背中にへばりついて取れない日々が続きますね。


さて、外国籍の献金が問題視されて大臣を辞した前原氏は外国籍の方が献金してたのを「知ってた」と言ったんで仕方のない話しですが、全く知らずにいた場合とはちょっと違います。


この事を突っ込まれ始めて無事にすむ政治家なんかいるんですかね。

カンチョクト首相も騒がれてますが、そもそも防止策が存在しないのも事実で献金される方でチェックする具体的効果的な手段が無いのが問題ですね。



うっかり認めちゃった前原氏は議員辞職に追い込まれるんですかね。

有罪が確定すれば5年間は公民権停止なんですが。


うっかりと言えばうっかり竹島領土権放棄に署名会見しちゃった民主党の土肥隆一参議院。

会見での言葉の端々に香ばしい香りがマッタリとまとわりついて離れません。


【土肥氏会見詳報】 産経ニュース

「共同宣言に盛られた中で、竹島の領有権の問題に言及しておりまして、私がその共同宣言の中で竹島に関する文面を十分に精査することなく、推移してしまった。その結果、今日、私がこのような記者会見をすることになったわけだ」

「この点については『政治家として大変不注意だった』と。皆さんから『不見識だ』といわれても申し開きができない。実は韓国側のキム・ヨンジンに今日も電話で『この宣言文を撤回しないか。撤回してくれないか』という申し入れをしているが、返事はいただいていない。ただ、メッセージがきて、『土肥隆一よ、君がやってきたことは間違いないから、しっかりと国民の皆さんに説明をして、頑張りなさい』という手紙が届いている」

「まあ、国益を損ねているというのも、これはまた抽象的な話だ。日本の国益という視点をもてば、あらゆる政治家は縛られてしまうわけだ。国益で全部縛られてしまう。そこを何とかくぐりぬけてですね、韓国側との対話を図りたいというのが私の望みで、日韓議連の役割だと思う次第だ」

「それはもう、一つ一つ検証し議論して、宣言文に盛り込まれない分も表現もあるから、徹底して議論をしなければいけないと考えている。それをできなかった、やらなかったことについては深く反省をしている。この文はもう、私の名前も印刷されて、そして日本語の翻訳もつけて『バアッ』と示されたわけで、私は署名をしていない。そういう状況も申しあげておきたい。だから、私がなんというか、政治家としての不十分さを免れるとは思っていないが、何もかも用意して、そして最終版に出てきた」

「今年で11年目だが、毎回、交流をしますと宣言文を作っている。そして、かなりのことを行っているが、これまで一度もマスコミに取り上げられたことはない。だから、そのへんが私の認識の甘いところだった。で、政治家だから当然、国益を考えて処理すべきだ。特に領土問題は。読み上げながら『アレッ』と思った。だけど、そこが韓国だし、日曜日でもあるし、マスコミも動いていないわけだから、そういう意味では、ちょっとうかつだった。もっとセンシティブに扱うべきだったとは思っている。これはいろんなところにご迷惑をかけて、島根県の方にもご迷惑をかけているわけで、おわびをする」

「まずは今日の記者会見をみていただく。それから、冒頭申しあげた私の説明などを参考にして、どういう方法が良いかはわからないが、相当な抗議がきている。どこから手を付ければいいのかわからないくらいだ。したがって、今、地元の事務所は閉めている。わが家も閉めている。私は『神戸に帰るな』といわれているわけで、国の機関から『帰らない方がいいよ』といわれている。地元にはきちっと説明をしなければいけない」

「だまし討ちなんて考えていない。ある種、『韓流』なんだ。思いこんだらどんどん先に進む、というのが(韓国の)皆さんだ。後でこんな問題になって、韓国とも電話で話しているが、『それは悪かったね』というようなことがやっと分かるということであり、私はこれで何か、交流が途絶えるとかは一切、考えていない。今後も、生きた草の根の交流を私はやらせていただきたい。国会議員ということもあるが、牧師でもあるし、クリスチャンでもある。韓国の『痛み』をよく知った者の一人として、今後も対話を続けていきたい。それが日本の国の何か、日韓関係の一助になればということを願っている」


ご自分の出生から生い立ちまでお話されてたようで全く興味も共感も感じられませんでしたね。

いちいち全てに突っ込むのは無意味ですのでしませんが。

「韓流」だと仰ってましたが、世界では油断した方が悪いんですからご自分の脇の甘さを見直された方が良いと思いますね。

領土に対する認識の薄さが「大集会で異議を唱える時間が無かった」となるわけで、ご自分の参院議員という公職にあるという認識の薄さが韓国側に利用された訳です。

「国益をくぐりぬけて韓国と対話」をされたいなら議員辞職して牧師としてされた方が賢明だと思います。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。