FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
1115
Mon
tb* 0
com*0

APECでの外交

APEC[アジア太平洋経済協力会議]の首脳会議が13-14日の二日間の日程で行われて終わりましたね。

管首相のいきなり開国宣言から始まった首脳会議です。

毎回、民族衣装を身にまとって集合写真を撮るのが慣例というかお決まりになってたんですが、さすが管内閣。こういう場所から事業仕分けらしい。



普通に私服かよ!

なぜかマスコミじゃ余り報道されないですね。開催前は和服着せるんじゃないかとも言われましたが・・・。何とも味気ない。開催国の民族衣装を着るのって遊び心があって良かったと思うんですがねぇ。


尖閣問題、北方領土訪問問題に揺れる対中国並びに対ロシア外交の絶好の機会ですが会う事は実現したものの全く意味が無かったようです。



1. 胡錦涛主席との首脳会談(日中首脳会談)

胡錦涛主席との主脳会談は僅か22分。翻訳が入るので半分の11分しか話が出来なかったと言うお粗末っぷり。まー中国の内政事情があるんで儀礼的になるのは仕方ないにしても酷いもんです。

尖閣問題について強く言い放つぜ!と散々国会で答弁した管首相ですが、残念ながら首脳会談で書かれたメモを棒読みしてたらしい。首脳会談てのは相手の目を見据えてするもんだと思ってましたが違ったんかいな。



2. メドベージェフ大統領との首脳会談(日ロ首脳会談)

北方領土訪問問題のメドベージェフ大統領とは約40分の首脳会談だったそうです。案の定、北方領土問題は平行線だったようです。

管首相「大統領が国後(くなしり)島を訪問されたことに抗議の意を明確に伝えた」

メドベージェフ大統領「領土問題はロシアにとっても極めてセンシティブ(繊細で微妙な)な問題だと指摘した」

と話したとのことでしたが福山官房副長官の話では、ニュアンスが違ってますね。

「大統領として自分が北方領土に行くのが悪いことなのか。当然のことだというような言い方をした」(福山官房副長官 11/15付NHK番組にて)

だってさ。言いっぱなしは言った事には成りますが対話ではございません。

会談後にメドベージェフ大統領がつぶやいた内容が此れで合点がいきますね。

「日本の首相と会った。私は彼に、経済協力は解決できない論争より有益だと言った」(メドベージェフ大統領のツイッター)



3. 李明博大統領との首脳会談(日韓首脳会談)

植民地時代に日本に渡った「朝鮮王室儀軌」など朝鮮王朝由来の図書1205冊を韓国に引き渡すそうです。まぁ実はこれ本書の写本だそうですね。

これだけの為に何故か仙谷健忘長官が会談に同席したそうな。

銀座のクラブに同伴する感覚ですか?

近代国家日本では首相が東京を離れるケースがあります。そのために官房長官という首相の代行を執行する要職が存在し、内閣総理大臣か内閣官房長官が必ず首都東京に居る事で危機管理を行ってきた訳です。

それを無視してお出かけになった日韓首脳会談はそれほど重要だったのかと首を傾げる事案ですが、マスコミの報道は余りないですねぇ。絶句なんですがっ。



危機管理が出来てない健忘長官は国会で機密メモを写真に撮られるほどの間抜けっぷりですが、そんな事を棚に上げて国会では撮影制限する!とかほざいてるようです。

そんな健忘長官の指示でが尖閣事件でモナー細野(細野豪志前幹事長代理)を中国を訪問した際に密約を結んでたそうです。

衝突事件のビデオ映像を公開しない」「仲井真弘多(沖縄県)知事の尖閣諸島視察を中止してもらいたい」--。細野氏、篠原氏、須川清司内閣官房専門調査員と約7時間会談した戴氏らはこの二つを求めた。報告を聞いた仙谷氏は要求に応じると中国側に伝えた。外務省を外した露骨な「二元外交」は政府内の足並みの乱れを中国にさらけ出すことになった。

アジアサバイバル:転換期の安保2010 「尖閣」で露呈、外交の「弱さ」より抜粋)

確か日米核密約問題を「国民の知る権利」と称して掘り返してたのは民主党だったような。

何と言うか・・・同じ"密約"と言われるにしてもお粗末で稚拙な内容な密約だこと。低レベルすぎて困ります。もう少しマシな密約してくれよ。


あ、そいやアダルティーな広告なくなってるっ。良かった良かった。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。