FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
0930
Thu
tb* 0
com*0

みんな嘘つき、左巻きの脳味噌妄想官房長官

尖閣問題で一生懸命。

細野豪志前幹事長代理の訪中についての記事ですが支離滅裂で記事に整合性が無さ過ぎなのは記者の能力不足なのかみんなで嘘ついてるのかどっちだ。


◆ 民主・細野氏が29日から訪中 修復の糸口さぐる

日本経済新聞

民主党の細野豪志前幹事長代理が29日から北京を訪問している事が明らかになった。同党関係者によると、首相官邸の指示と言う。中国政府関係者に会い、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件を巡って悪化している日中関係の修復の糸口を探るとみられる。

細野氏は同日夜、北京市内で記者団に管直人首相の特使かと聞かれ「そういうことではない」と述べた。首相の親書を中国側に渡したかどうかは「答えられない」と語った。細野氏は昨年12月、小沢一郎元幹事長が中国を訪問した際、中国側との窓口である事務総長を務めた。これに先立ち、首相は記者団に細野氏の訪中について「全く承知していない」と述べた。

前原誠司外相は「数日前にある人を介して事前に聞いていた」としながらも「政府とは全く関係ない」と指摘。首相の親書携行は「100%ない」と否定した。

中国では現在、河北省で拘束されたフジタの社員4名が国家安全機関の取り調べを受けている。政府内には首相が10月4、5両日にブリュッセルで開くアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席する機会を利用し、中国の温家宝首相との会談を探る動きもある。


◆ 細野氏が首相の親書持参して訪中 事態打開がねらい

産経ニュース

 民主党の細野豪志前幹事長代理が29日、北京を訪れ、中国政府要人と会談したことが分かった。党関係者によると細野氏は菅直人首相の親書を持参した。沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をきっかけに悪化した日中関係を改善する狙いがある。

 4、5両日にブリュッセルで開催されるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、首相が中国の温家宝首相と会談する可能性も模索しているという。30日夜に帰国する予定だ。細野氏は先の民主党代表選で、中国に太いパイプを持つ小沢一郎元幹事長を支援した。

 一方、菅首相は細野氏の訪中と親書の持参について「この件は全く承知していない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。


細野氏と言えばこれで有名になった人でしたね。



昨日のニュースで仙石官房長官が今回の尖閣事件での対応を反省してたようですが余りに酷い。

◆ 【尖閣衝突事件】「中国は変わっていなかった」仙谷氏が甘さを反省

産経ニュース

 仙谷由人官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、中国側が船長の釈放を求めて態度をエスカレートさせてきたことについて、「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べ、自身の見通しの甘さを反省した。

 仙谷氏は13日に船長以外の乗組員14人と漁船を中国に帰還させる際、「違った状況が開けてくるのではないか」と中国の姿勢の軟化に期待感を示していたが、実際には逆に中国は一層、態度を硬化させた。

 仙谷氏は29日の会見でこの発言について、「領事面接の便宜取り計らいや14人の世話を通じた報告で中国側も理解してくれるだろうと判断していた」と釈明。その上で「司法過程についての理解がまったく(日本と中国で)異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」と語った。


・乗組員14人を解放したから中国は軟化するんじゃね?

→「思った」だけで外交してない

・中国の司法過程を理解してなかったんだよね

→他国、しかも隣国である国の政情や性格、司法について理解してない官房長官

これが日本から遠く離れた小さな国家とかの話ならわからないでもないがとても官房長官の言葉とは思えない内容。で、結局は司法に圧力を掛けて船長を釈放させてんだから。左巻きの脳味噌で妄想しただけなのを実行にうつしちゃうんだからなぁ。


一方、友愛王の鳩山氏は尖閣諸島に永住する事にしたらしいYO。

◆ 「適材適所」の鳩山前首相、尖閣諸島に永住へ

虚構新聞



関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。