FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
0914
Tue
tb* 0
com*2

押尾被告、自ら変態だと告白

押尾学なんて逮捕されるまで知らなかったぜ。押尾語録なるものも存在するらしいですね。そんな偉い人とは思わなんだ。

その押尾学薬物事件の公判が始まった訳ですが内容が凄すぎる。もうね、記事タイトル見るだけで絶句です。

初公判

(1)ロンゲでやつれながら「突然歯を食いしばり、あおむけに倒れた」

(2)女性の中毒状態は「エクソシスト」に「呪怨」… 映画のタイトルになぞらえる検察官

(3)「オレ、変態だから…」 法廷に響く赤裸々な告白

(4)「違法薬物のセックスこれまでも」 あえてクスリの確認必要ないと弁護人

(5)「調書は検察のストーリー」と批判する弁護人 「死亡まであっという間」

(6)「アミノ酸」と言われ マネジャーが受け取った袋の中身は…

(7)全裸にバスタオルで口から泡…遺体写真は3枚 裁判員は目をそらさず

(8)六本木に響くサイレン…遺棄致死罪立件へ本格シミュレーション

(9)「白目むいたりけいれん…呼吸できず死に至る」 専門家が違法薬物の実害指摘

(10)「女性の赤ん坊のころの写真です」 身を乗り出して見入る押尾被告の胸中は…

初公判だけでも衝撃的な内容ですな。

で、本日二日目なんですが相変わらず飛ばしてます。

第2回公判

(1)「食っちゃったんだよね」被害女性が知人に漏らした意味は…

(2)「性癖が変なのと付き合ってる」「薬を飲ませたがる」 浮かび上がる被害女性の困惑

(3)女性の死亡報道で芸能人、銀座ホステス、薬…とつながり 知人「やられたと思った」

(4)「ヤクザです」と次々実名 被害女性と暴力団との関係強調する弁護人

(5)「愛が深まる」「“ハイ”になる」勧められてクスリを飲んだ女性が証言

(6)錠剤飲んでセックス「テンション上がり、肌が敏感に…」と親密女性

(7)ロス同行の別の親密女性「エクスタシー」勧められ、「体がふわっと…」

(8)汗が止まらず「ヤバい」MDMA飲んで異変の親密女性 ロスのホテル

(9)「日本にMDMA持って帰って」と依頼され… 写真週刊誌の取材謝礼は「50万円」と親密女性

(10)「エクスタシーで決まって」「まーくんが一緒にしよう」 明かされるドラッグセックスの実態

(11)「子供に会えなくなる」と救急車の要請拒否 「(マネジャーに)罪着せよう」とも提案

(12)罪着せようとしたマネジャーに「一生面倒見るから」 女性の携帯見て「まずいよ

(13)「第一発見者として名乗り出てくれ」「プランBを考えてくれ」 必死に隠蔽図るものの…

(14完)「情があったが言いたいことはない」 裁判員の質問に元マネジャーが決別宣言

いや、世の中こういう人もいるんだなぁと。こういう人でも芸能界では売れちゃったりするんで怖い怖い。矢田亜希子は好きな女優の一人だったんですがこういう人とお付き合い出来る素養を持ってるとは思わなかったですね。


<<追記>>

第3回公判

(1)ぶつかり合う視線 MDMA譲渡したのは「押尾学です」 断言する泉田受刑者

(2)「アミノ酸入る?」自ら発案の隠語でMDMA入手を依頼

(3)MDMA服用し性交渉… 自分も倒れ、「女の子がゾンビみたいに」

(4)「違法薬物隠すときはスニーカーの中」MDMA隠蔽のため靴箱へ

(5)「汗がすごくなっている」「じんわりきたなあ。どうしよう」 薬物飲んだ泉田受刑者のメールへの返信は…

(6)部屋に入ったとたん「死んじゃった」 提案された2つの隠蔽“ストーリー”とは?

(7)「アッコのことよろしく」 出頭前、元妻の矢田亜希子さん気遣う

(8)「オレ、よく筋トレするじゃん。アミノ酸と呼ぶから」 MDMA隠語の理由明かす

(9)「法律に触れても聞いてあげたいと素直に思った」 MDMAの入手依頼された泉田受刑者

(10)「ゴミ回収日なので、まとめて捨てれば確実」 薬物捨てた状況を証言

(11)「何であんな話するんだ? おれの立場がやばくなっている」

(12)「連れの女が意識がない。やばいっすよ」「通報しろ」と元国会議員の知人が一喝

(13完)携帯記録「芸能人の不倫なので消去してほしい」 依頼した元国会議員の心中は…

元国会議員って誰でしょうねぇ。

匿名を条件に証言したようですが、一説によると新進党幹事長時代の小沢一郎が後ろ盾になって1996年に比例代表で当選した米津元代議士だとかという噂です。この方は体調不良を理由に一期でおやめになったそうでお金が大好きすぎた人のようです。

第4回公判

(1)薬物事案300件超経験の救命士が証言 「まず意識、呼吸、脈を取り…」

(2)「アゲちゃんはうなり声をあげるだけで…」 異変に「非常に緊急度高い状態」と救急隊員判断

(3)救命の可能性、薬物中毒への対応… 執拗に尋ねる弁護人

(4)「病院は3次救急なら受け入れ拒めず早い」はっきり答える救急隊員

(5)「出動まで1分」「六本木ヒルズまで2、3分で到着可能」 救急隊員が証言

(6)「スムーズでないときとの差は2分」救急搬送に要する時間 隊員証言

(7)「到着時、女性は『社会死状態』」 現場に臨場の救急隊長が証言

(8)「首の後ろに強い死斑」「体温、非常に冷たい」… 女性の状態を生々しく証言する救急隊長

(9)女性の病院搬送まで「時間かかるとは考えにくい」 救急隊長語る

(10)六本木ヒルズの緊急対応 「異常発報から3分で到着」と防災センター職員

(11)「シャワーから出たら女性が倒れていた」「すぐ来て」 被告から緊迫した電話

(12)「非常に有名な方なので救急車呼べない」 知人が元マネジャーとの会話証言

(13完)「体から反応出る」とマネジャーから聞かされ 知人男性「違法薬物と推測」

薬はイケナイ!

第5回公判

(1)「もっとしっかりしろ!」と怒鳴る被害者 ハングルのような言葉で文句も 医師はMDMAの症状と証言

(2)拳振り上げ、白目むく…「普通は異変当初で119番」救急医が証言

(3)心停止前、診断していれば…「9割以上成功」医師が救命可能性に言及

(4)中毒から死亡まで「数十分」と専門医 「致死量超えても…」とも証言

(5)もうろうとした中、被害者が発した言葉は…「あー、マーくんごめんね」

(6)MDMA中毒「集中治療室ならほぼ全て蘇生できる」…医師は救命に確信

(7)「病院なら100%、救急隊が駆け付けていれば9割近い」医師は高い救命率を提示

(8)「真綿で首を絞められたような息苦しさ」…医師は症状の深刻さ証言

(9)「突然奇声を発し、空をつかもうする」…医師は「周囲も分かる」と断言

(10)「救急車呼んでれば」「人の心感じられない」涙ながらに両親 入れ墨の意味は…

(11)証人の検事にらみ続ける被告 取り調べには供述翻し「俺も被害者だ!」

(12)「ふざけんじゃない」「その医者連れてこいよ」 検事の追及に猛烈な逆切れ

(13完)ドラッグセックス 「クスリが効いていたので2回目を…」

というか、彼の鬼畜っぷりが凄いです。

第6回公判

(1)細かい文字で埋め尽くされたノート 被告人質問迎えた心中は…

(2)弁護側の医師「救命可能性はきわめて低い」検察側証人と真逆の見解

(3)ドラッグセックス後、元妻の矢田亜希子さんに平然とメール 検察が指摘

(4)「『助かる可能性低い』と説明しなければ」出廷理由明かす医師

(5)「長期的でも、3、4割しか助からない」医師は低い救命率を提示

(6)「覚醒剤やめるの大変だった」と被害者 クスリ話は「初めての食事で…」と被告

(7)「次はクスリ使ってしようよ」居酒屋で決まったドラッグセックス

(8)事件当日「新作(MDMA)の上物といわれ、興味が…」被害者の持ち込み強調

(9)「『私に追いついて』と言われ、軽い気持ちでクスリ飲んだ」 …被告は被害者の主導を強調

(10)「『119番通報しろ』とは言われなかった」…知人の元国会議員の証言を真っ向否定

(11)「世論がうるさいから、起訴せざるをえない」 映画のセリフのように取り調べ再現

(12)「ホテルで点滴打ってクスリ抜こうとしたが、痛くてやめた」 隠滅姿勢くっきり(月日)

(13)「家族、仕事、社会の信用…。田中さん。すべてと言っていいぐらい失いました」 後悔にじませる被告

(14)覚醒剤の隠語を使い「エスが好きな女いないか」 クスリまみれの生活露呈

(15)通報しなかった理由問われ 「自分のこと考えていた」「クスリの発覚嫌だった」

(16)いま一番会いたい人を問われ 「息子です」と小声でポツリ

(17)「お互いに違法薬物好きだった」 2人で一緒に使った理由明かす

(18完)「逃げたい自分がいました」 証言内容の違い追及する裁判長につぶやく

さーさー結審間近。

第7回公判

押尾学被告に懲役6年求刑 裁判員裁判の第7回公判(9月14日)

(1)「死人に口なしと、死者に責任なすりつける」被告の“身勝手”を断罪する検察

(2)「すべきことは119番以外なかった」と語気強める検察官

(3)「自己保身のため見殺し」「反省の情は皆無」検察の厳しい言及に被告は背中丸め

(4)「被告に懲役6年を求刑します」と2度述べた検察官 被告は何度も弁護人を振り返り…

(5)「興奮を高めようとしていた」 「すぐいる?」メールの意味を説明する弁護人

(6)「保護責任者遺棄罪も成立しない」一気にまくし立てる弁護人

(7)完「見殺しにするようなことは絶対してない」「私はそのような人間ではない」被告最後の無罪主張

さてさて、論告求刑公判は結審です。判決は9/17(金)15:00からですね。

保護責任者遺棄致死など4つの罪で求刑6年。「3年以下の懲役または禁錮もしくは50万円以下の罰金」に該当しないんで実刑ですな。

(1)その瞬間…無表情で裁判長を見つめた

(2)「信用ならない」…被告の主張を次々と否定する裁判長

(3)「すぐいる?」は体ではなくMDMA…根拠は「すぐに性交を始めていない」

(4)「自己保身」「反省なし」と厳しく批判するも「救命確実とまでは言えない」


「納得できない」と判決に不満 実刑に落胆も(9月17日)

懲役2年6月…致死罪の成立は認めず(9月17日)


押尾被告、即日控訴も墓穴? 量刑さらに重くなる可能性も


関連記事
comment
緑カム #-
自ら変態と胸張って言えるのは素晴しいですね!
矢田ちゃんも同じ事されてたのかが気になります @p@
傍聴しに行きたいw
2010/09/14(火) 07:10:17 | URL | edit
Re: タイトルなし
ダーク・ナリス #-
胸張りすぎですっ。というか、アンダーグランドなのは地下に潜っててこそなのであって表舞台に立った瞬間に負けです。
しかしなんで結婚したんかよくわかりませんな。押尾も矢田も互いに不可解っ。
傍聴したい気もしますが文面読んでるだけで気分が悪くなるんでまともな人なら吐きそうになるかもねぇ。
2010/09/14(火) 18:00:04 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。