FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
0824
Tue
tb* 0
com*0

ZENZO

カドリードミニオンをカントリードミニオンだとばっかり思ってたのは内緒である。

さて、披露しきった身体を休めに宿へ。

宿は内牧温泉ZENZOという旅館。予約したのが2~3日前だったんで心配でしたが中々良い宿でしたね。

入口はやら大きな玄関口。

大きな下駄箱に広々とした土間。

上がるとフロントで座して宿帳に書く。

元は普通の旅館だったのかなぁ、という外観。

ですが、門構えや内装はかなり凝ってて大正ロマン時代のノスタルジックな感じ。


広々とした感じは落ち着きます。

地元の建築家と宿の主人で作り上げた旅館だそうです。

部屋は以前は2部屋だったのをぶちぬいて1部屋にしたんじゃないかなぁと思うんですが、中々内容が落ち着いてて良いです。

小物やアメニティに少し凝ってるんですが嫌味じゃなく肩を張らずに気安く休めそうな雰囲気。


まずはひとっ風呂。



湯量はかなり豊富なようで掛け流しです。

風呂は半露店が男女各1か所あって内風呂は無し。

この半露店の風呂が中々いいっ。

泊まる場所から少し庭を抜けた場所に建ってるんですが落ち着いたイイ感じ。

長湯出来るように少し温めのお湯でこんこんと竹から流れ出るお湯の向こうに広がる庭園を眺めながらゆっくり入れます。

夕方入ったので陽はまだあったのですが夜はライトアップ出来る施設があったかな。

夜も入ろうと思ってたけど疲れて寝てしまったんで残念。

温泉から出た後は予約してた指圧。

ビジネスホテルや旅館とかのマッサージは期待してなかったんですがこれが中々良い。会社の近くに上手いマッサージ屋があるんですが、それと同様かそれ以上の気持ちよさ。

まどろむほど弱く無く、声が出るほど痛くも無い程良い力で的確に圧を掛けられて極楽気分。

カドリードミニオンで疲れ切った身体をほぐしてもらって夕食タイム。

部屋食はないんですが全席囲炉裏。

個室は三つ程あったかな。少し大きめの囲炉裏部屋で6~8人位は座れそうな感じ。

備長炭が赤々と燃える囲炉裏に座って食べるのは中々味わえないですねえ。

雰囲気もさることながら驚きなのは料理が旨い事っ。

入口は居るとすぐに右手にかまどがあって炊飯してるんですが、この御飯が絶品。

飯好きの我が家には大いに好評でした。



入口左手には野菜が鍋の中に水に浸して入ってるんですが殆ど丸ごと状態っ。

ピーマン、トマト、キュウリにモロコシ。

どれも市場では敬遠されそうなドデカイ野菜。

地元で採れた野菜だそうで大きくてみずみずしいっ。

ドデカイ野菜は大味なイメージですが、まるで採れたてのようで野菜本来の甘みがあって絶品です。

ジャガイモも皮ごと蒸かしてあってそのまま食べれて甘い!!

ちょっと驚きの旨さの野菜!!



馬刺しもレバーとタテガミ(首の後ろの肉)とか新鮮じゃなきゃ食べれない馬刺しで此れも絶品。

お次は囲炉裏と言えばこれですな。

魚っ。

ヤマメの炉端焼き!

これまた絶品だねー。芋焼酎によくあって頭から尻尾までぼりぼりと平らげる。

茶碗蒸しはトマトと瓜、それにチーズも入った洋風ですが此れが実に合ってて美味しい。

子ども用にお子様プレートも用意されてたんですがお子様には勿体ない旨さ。

特にエビなんか子持ちでぷりぷりしててウマウマ。

このあたりでおぢさんは殆ど満腹状態。

既にビールから焼酎に切り替わってほろ酔い気分で最後はやっぱりメインディッシュの肉ですな。

肥後牛に地鶏、野菜のセット。

地鶏は脂がのってるのにアッサリ。

牛はたまらん。

備長炭に焼かれて無駄な脂を落とし見事に焼きあがった肉は絶品で岩塩を付けて食べると格別です。

量も質も大満足な夕食でした。

夕食後は街にブラブラと散策に行こうと思ったらなんと気づいたら朝でした。

摩訶不思議。

朝ご飯は天気が良いと建物の裏にある庭で食べるようで、朝風呂を頂いてから同じ経路で庭まで出る。

パラソルに木のテーブルに木のベンチ。

洋風な朝食でなんとかって横文字で言ってたが頭が働いてないんで覚えてまてん。

ここでもあの絶品野菜は大活躍。

野菜とベーコンを挟んでぺろりと平らげる。

希望があれば弁当も作ってくれるそうで次回は弁当を頼むのもいいかもしれないっ。

下手などっかの飯屋で食べるより断然うまい!

一泊二食、大人2幼児1にマッサージ2人分で酒呑んで込み込み51kでお釣りがくるくらい。

中々落ち着いてゆっくりと出来て大満足でしたっ。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。