FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
1015
Wed
tb* 0
com*0

エロ大国

不名誉のまま放置されるのは一国民として納得いかず。更に大好きな二次元アニメが規制されちゃうとなれば断固拒否派です。


「性的搾取」反対の世界会議 準備会合 読売新聞


 子ども買春や人身売買、児童ポルノの根絶に向けた「子どもと青少年の性的搾取に反対する世界会議」が11月25~28日、ブラジルのリオデジャネイロで開かれる。

 これに先立ち、日本ユニセフ協会は今月6日、東京都内で準備会合を開いた。世界会議への参加予定者ら約90人が集まり、政府や国際NGOの代表者がこれまでの国内の取り組みや課題などを報告した。

 子どもの性的搾取とは、買春、人身売買、ポルノなど、子どもを性的な対象として扱う虐待行為を言う。

 性的搾取の中でも、状況が悪化しているのが児童ポルノの問題だ。米国では、認知された児童ポルノのサイト数が2001年に2万だったのに対し、06年には34万と激増。準備会合では、日本も児童ポルノのサイトが多数つくられている国の一つとなっている現状が指摘された。

 国際NGO「ECPAT/ストップ子ども買春の会」共同代表の宮本潤子さんの報告によると、05年3月~06年10月の集計で、日本は、米国、ロシアに続き3番目に児童ポルノのサイトが多い国という(ECPATスウェーデンホットライン調べ)。

 欧米諸国では、児童ポルノを所持すること自体を犯罪とする国が多いが、日本の児童買春・児童ポルノ禁止法では画像の「単純所持」を処罰することができない。性的なポーズをとった水着姿の子どもの画像も、性的虐待を描いたアニメも取り締まれないため、早急な法整備が必要なことが強調された。

 会合では最後に、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんが、「児童の性的搾取の問題は、深刻化、広範化している。官民あげて様々な立場の人たちが連携し、子どもの保護のために行動を起こす必要がある」と呼びかけた。

 この世界会議は1996年にスウェーデン・ストックホルムで、2001年に横浜で開催されたのに続き、今回が3回目。


以前にも書いた気がするんですが、性的搾取やら児童虐待を撲滅するのは大賛成。

ただし、所謂エロと言えども二次元作品や性描写した作品などを処罰対象にするというのは疑問が残る気がします。普通のエロはいいのか?


そもそもトーマス・シーファー駐日米大使が日本を児童ポルノ大国だと批判した根拠は件の毎日新聞のHENTAI記事からの引用であった可能性が高い以上、本当に日本は児童ポルノ大国なん?と大いに疑問ですね。

むしろ先進国の中では日本って国はエロに関しての規制は厳しいほうじゃないかと。諸外国で児童ポルノと呼ばれるものは13歳以下の児童であることを指しているのに対して日本では18歳以下が対象。一般ポルノでもモザイクがかかるのも日本特有。

最近は高くなっているのかもしれないが、先進諸国の中でも性犯罪率も圧倒的に低くインターネット上の児童ポルノ発信数も日本は世界の0.97%と比して低くなっている。

つまり、日本において罰則範囲を広げてもあまり意味がなく、罰則を重くすべきで現在の罰則が軽すぎるという議論でしたら大賛成なんですが。あやふやな理由で基本的権利の表現の自由を規制すべきではないような気がしますね。

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。