FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
0330
Fri
tb* 0
com*0

増税法案閣議決定で国民新党空中分解

政権は蜜の味なのでしょうか。

8人しかいない弱小政党も纏め切れずに分裂させる亀井代表も情けないが、権力にしがみつこうとする自見下地らもみっともない。

ちなみに亀井代表と亀井亜紀子議員は親子じゃありませんw



 政府は三十日の閣議で、消費税率を二〇一四年四月に8%、一五年十月に10%に引き上げる法案など社会保障と税の一体改革の関連法案を決定し、国会に提出する。民主党と連立政権を組む国民新党の亀井静香代表は二十九日夜、野田佳彦首相と公邸で会談し、閣議決定に反対して連立政権を解消する方針を伝えた。ただ、国民新党内は連立維持派が大勢で、亀井氏との溝が深まっている。 

 会談で、首相は連立にとどまるように慰留した。亀井氏は、連立を解消しても、自見庄三郎金融担当相と松下忠洋復興副大臣、森田高総務政務官の三人は無所属で留任させることを提案したが、首相は拒否。三十日の閣議前に再会談することになった。

 国民新党は衆参両院で八人。下地幹郎幹事長や自見氏ら慎重派の五人は二十九日夜、党本部で亀井氏不在のまま議員総会を開き、対応を協議。「郵政民営化法改正案が成立してない。与党にとどまるべきだ」として、欠席した松下氏を含む六人は閣議決定を容認し、与党に残ることを決めた。

 自見氏は会合後、記者団に閣議決定に「署名する」と明言。「残留は全会一致で決まった」として、離党するのは亀井氏らと主張した。下地氏は記者会見し、自見氏ら三人が留任する亀井氏の案も拒否する考えを示した。

 亀井氏が連立離脱の意向を変えない場合、下地氏らが納得せず、同党が分裂する可能性が出てきた。

 民主、国民新両党は連立政権の発足時、消費税率を5%で維持する合意文書を交わしている。増税に反対する亀井氏は自見氏が閣議決定に署名しない可能性に言及していた。


これで実質的に国民新党は解散状態ですね。

今回の増税法案で小沢氏との溝が決定的。となると亀井代表ら離脱組は小沢氏との連携をはかるんでしょうね。

いよいよ与党分裂支離滅裂。


ん?国民新党に対しては最初からコレが狙いか?


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。