FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
0312
Mon
tb* 0
com*0

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム観てきた

久々に映画館で映画を観た。

映画館で観るなんて何年ぶりだろう。

少なくとも福岡に来てからは観てないんで10年近く観て無かったかもしれない。

学生時代は映画が好きで夜通しスコーレやシネマテーク、キノシタホールとかで観た記憶があるなー。

今でも単館系映画館ってあるんでしょうかね。


ミレニアム三部作のドラゴン・タトゥーの女にしようかと思ったらR15だったんでシャーロック・ホームズ シャドウゲームに決定。



1作も中々面白かっただけに続編となる2作目はどうかなーと不安でしたが、中々良作じゃーないでしょうか。

気軽に安心して観れる娯楽映画ですね。


原作のシャーロック・ホームズとワトソン博士とは全く印象が違うところがいいんですが、今回はモリアーティー教授が出てます。

漠然と思い浮かぶモリアーティー教授とは不気味な特異な容姿で「完全なる悪」と言った印象なんですが映画では少し違ったかなぁ。

右の絵は当時の本の挿絵だそうですが、こんな容姿なんです。

でも、小説の「最後の事件」で柔術の名人であるホームズと共に滝壺に落ちるんで、体格なり武道なりないと辻褄が合わないんですが、この容姿からは想像しにくいですな。

ホームズの柔術名人と言う設定も後付け設定に近いんで仕方ないか。


まぁ映画のモリアーティー教授はそれなりに体格も良くて実はああいう感じなのかもしれない。

自分の中では「モリアーティー教授≒レクター博士」みたいな勝手な思い込みがあるんで少し物足らなかったかも。


一方でハマり役だったのがホームズの兄、マイクロフトですね。

まさに想像通りでワロタ。

独特の感性から醸し出されるユーモアがまさにマイクロフトでした。

何故か自宅では素っ裸で生活しているのか、ワトソン夫人(新婚)の前で股間をブラブラさせながら真面目に話している様子は微笑ましかった。



いやぁ久々にポッポコーン頬張りながら映画を観ましたがやっぱり映画館で観るのはいいですな。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。