FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
0213
Mon
tb* 0
com*0

ホイットニー・ヒューストンさん客死

洋楽へ興味を持ったきっかけになった人が亡くなった。

マイケルジャクソンに続いてホイットニー・ヒューストンまでもが逝ってしまうなんて。


 【ロサンゼルス時事】米ポップス界の女王的存在として世界中のファンを魅了した歌手、ホイットニー・ヒューストンさんが11日、ロサンゼルス近郊ビバリーヒルズ市内のホテルで死去した。48歳だった。同市警によると、事件性はなく死因を詳しく調べている。

 通報で駆け付けた救急隊が高級ホテル「ビバリー・ヒルトン」4階客室で倒れているヒューストンさんに蘇生措置を試みたが、市警が同日、死亡を確認した。ヒューストンさんはこの日、米音楽界最高の栄誉、グラミー賞授賞式を翌12日に控えて、同じホテルで開かれる関連パーティーに出演する直前だった。報道によると、ここ数日はひどく疲れた様子だった。

 1963年、米ニュージャージー州生まれ。母もゴスペル歌手であるなど音楽環境に恵まれ、85年にアルバム「ホイットニー・ヒューストン(邦題『そよ風の贈りもの』)」でデビュー。同アルバムのシングル「セービング・オール・マイ・ラブ・フォー・ユー(同『すべてをあなたに』)」、「アイ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ(同『すてきなSomebody』)」(87年)など数々のヒットを飛ばした。

 92年には映画「ボディガード」でケビン・コスナーと共演。主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」は世界的なヒットとなり、この曲を収めたアルバムなどでグラミー賞を通算6回獲得した。

 絶頂期の92年に歌手ボビー・ブラウン氏と結婚し、翌年長女を出産。2000年以降は麻薬所持や薬物依存者の更生施設入り、ブラウン氏による暴行、離婚、さらに破産報道でメディアの注目を浴び続けた。(2012/02/13-11:04)

事件性は無く、飲酒しながら精神安定剤を服用。浴室で溺死、という話です。

本当に惜しい人を亡くしましたね。

アルコール中毒、大麻やコカインの常用、セックス中毒、元夫のボビーブラウンのDVと90年代後半から転落しリハビリしながら活動してたようです。


最も彼女の歌の中で有名な映画ボディーガードの主題歌です。


あまりにも有名なスーパーボウルでの国歌斉唱。神曲すぎる。


1985年

You Give Good Love(ユー・ギブ・グッド・ラブ、邦題:そよ風の贈りもの)

Saving All My Love For You(セービング・オール・マイ・ラブ・フォーユー、邦題:すべてをあなたに)

How Will I Know(ハウ・ウィル・アイ・ノウ、邦題:恋は手さぐり)

All At Once(オール・アット・ワンス)

Greatest Love Of All(グレイト・ラブ・オブ・オール)


1987年

I Wanna Dance With Somebody(アタ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ、邦題:すてきな Somebody)

So Emotional(ソー・エモーショナル)

Didn't We Almost Have It All(ディドント・ウィ・オールモースト・ハブ・イット・オール、邦題:恋のアドバイス)

Where Do Broken Hearts Go(ウェア・ドゥ・ブロークン・ハーツ・ゴー)


1990年

I'm Your Baby Tonight(アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト)

All The Man I Need(オール・ザ・マン・アイ・ニード)


1992年

I'm Every Woman(アイム・エブリ・ウーマン)

I Have Nothing(アイ・ハブ・ナッスィング)


1995年

Exhale(Shoop Shoop)(エグゼイル)


1996年

I Believe In You And Me(アイ・ビリービン・ユー・アン・ミー)

Step By Step(ステップ・バイ・ステップ)


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。