FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0916
Fri
tb* 0
com*0

メキシコは相変わらず怖かった

インターネットは世界中に蔓延し、もう網羅されていない地域の方が圧倒的に少なくなってますね。

ジャスミン革命から端を発したネットを介した革命も起こりえる世の中。


一方、ネットに書き込んだだけで惨殺される国もあると言う。

こわすぐる。



(CNN) 麻薬組織による暴力犯罪が絶えないメキシコ国境の町で、若い男女がインターネットの交流サイトで組織犯罪を糾弾していたことを理由に惨殺され、歩道橋に遺体をさらされる事件が起きた。

遺体は米国と国境を接するメキシコ北東部ヌエボラレドの歩道橋で13日に見つかった。女性は腹部を切り裂かれて臓器がはみ出た状態で、手足を縛られ歩道橋からつるされていた。隣には両手を縛られてつり下げられた血まみれの男性の遺体があり、右肩に骨がのぞくほどの深い傷を負っていた。

2人は20代とみられ、耳や指を切断されるなど拷問されたような痕跡があった。インターネットの交流サイトで麻薬組織を批判したという理由で殺害されたとみられる。遺体の近くにあった張り紙には「インターネットにおかしなことを書き込むやつはみな同じ目に遭うだろう」などと書かれ、麻薬絡みの犯罪を告発していたブログやフォーラムが名指しされていた。

検察関係者は、目撃者は存在せず、犯人を突き止めるのはほぼ不可能だと話している。遺体は発見から36時間たっても引き取り手が現れず、身元も分かっていないという。

メキシコではメディアや当局が犯罪組織の脅しを受けて沈黙し、インターネットが犯罪告発のための有力な手段となっていた。今回の事件を受けてツイッターには「もうたくさんだ!これで私たちが黙ればこれまでの努力が無駄になってしまう。今こそ我々の存在を示すべき時だ」と鼓舞する書き込みも投稿された。




グロが平気な方は歩道橋にさらされている画像はこちら

ちょっと正視に耐えない。



殺戮大陸メキシコの狂気(1)麻薬に汚染されてしまった国家



以下、耐性のある方のみ。(あいじゅは除く)


▼中身が見えてしまってる

http://www.rivieramaya.info/news/uploaded_images/taco-779498-779546.jpg



▼中からミンチが・・・トマトのようなものが・・・

http://www.mexican-vacations.net/wp-content/themes/thesis_151/rotator/mexico-tacos.jpg



▼はみ出してる・・・

http://onestopcook.files.wordpress.com/2008/06/pork-tacos-1.jpg



▼ぱっくり開いて中が丸見え

http://blogs.westword.com/cafesociety/Mexico%20City%20Lounge%20tacos.jpg


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。