FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0805
Fri
tb* 0
com*0

xデー

xデーはくるのか?


 「8月政局」が風雲急を告げてきた。菅直人首相が退陣条件の3法案が成立しても、居座る可能性を模索しているため、政府・民主党幹部らがついに動くのだ。6日と9日の「広島、長崎原爆の日」終了後からお盆前後にかけ、暴君と化した菅首相に引導を渡すべく、重要閣僚らが集団辞任する計画が進んでいる。権力闘争の全貌に、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が迫った。

 「Xデーはお盆が明けた16日以降がいい。いまやっても、お盆で3日間、国会が事実上の休みになったら熱気が冷める」(民主党政務3役)

 「少しでも早いほうがいい。懸案だった原発事故の賠償法案が通ったんだから、海江田(万里経産相)を皮切りに切れ目なくやったほうがいい」(民主党幹部)

 「退陣条件の3法案の残り2つが、お盆前までに衆院を通過しそうだ。与党としてそこまで責任を果たしてから-つまりお盆明けがいい」(鳩山グループ幹部)

 諸説あるこの「Xデー」とは何か。ズバリ、閣僚の集団辞任である。

 今週初めにリポートしたように、まったく辞める気配のない菅首相に対し、民主党の仙谷由人代表代行(官房副長官)、岡田克也幹事長、安住淳国対委員長、枝野幸男官房長官の「4人組」が動き出した。

 (1)両院議員総会で菅首相の代表解任(2)新代表を選出(3)総代(総理・党代表)分離の後、次に出される内閣不信任決議案に賛成する-などとプレッシャーをかけ、退陣に追い込む戦略だ。

 だが、これだけではない。「菅降ろし」の手立ては他にもあった。前代未聞、重要閣僚の一斉辞任である。

 内閣不信任決議案の取り扱いをめぐり、鳩山由紀夫前首相は菅首相にだまされた形になっている。鳩山氏は、民主党の主要政策を次々に反故にしていく菅首相に憤慨し、これを引きずり下ろす急先鋒だ。その鳩山氏が3日夜、若手議員らとの会合でこう言った。

 「海江田さんはいつ辞めてもおかしくない。でも、海江田さん1人じゃない。大畠(章宏国交相)さん、松本(剛明外相)さん、高木(義明文科相)さん、細川(律夫厚労相)さん。5人は辞めるだろう」

 鳩山氏はこの日、小沢一郎元代表率いる小沢グループの議員らとも懇談した。そこでは、さらに衝撃的な名前を挙げた。

 「海江田さんと同時に辞める覚悟ができているのは、仙谷さん。それに、野田(佳彦財務相)さんに、枝野さんもだ」

 実は、仙谷氏自身も、周辺に辞任について話をしている。

 「俺はいつ辞めてもいい。野田も辞めるだろう。枝野も菅首相とは距離が完全に開いてしまった。同じ(辞める)気持ちだが、枝野まで辞めると、これは決定的だな」

 こんなことは政治史に例がない。官房長官や財務相、外相、経産相、国交相、厚労相、文科相といった重要閣僚が一斉に辞めるなど、もう政権の体をなしていない。

 野田氏の場合、被災地復興の第3次補正予算案や来年度の概算要求など重要懸案が山積しており、本来なら、辞める選択肢などないはず。

 だが、「野田氏の辞任は、応援団である財務省も了解済み。仙谷氏が『ポスト菅=野田という流れを作る』と財務官僚を納得させた」(官邸スタッフ)という。

 こうした集団辞任は「4人組」を中心にひそかに検討され、進められてきた。そして、依然として居座りのためには手段を選ばない菅首相の態度に彼らもキレ、Xデーが現実日程に上がってきたのだ。

 冒頭のように、当事者にはそれぞれの考えはある。だが、「お盆明け一気に…というところに集約されつつあるとみていい」(某大臣側近)

 その勢いに、さらに燃料を投下したのが、昨4日に発覚した松永和夫事務次官以下、経産省の原発関連首脳3人の更迭劇だ。実は、菅首相は先月末から更迭人事を画策していた。

 「原子力安全・保安院長に誰かいい人はいないか?」

 菅首相に近い学者やマスコミ人らが、経産省や原子力に詳しい関係者に声をかけていた。相談を受けた官僚OBは「動機に不純なものを感じた」といい、こう解説する。

 「海江田さんにうまく辞められると、『海江田さんは一生懸命やったが、菅首相が邪魔をした』という花道をつくられる。菅さんはそれを阻止して、『悪者はすべて原発推進の経産官僚だ』という演出をたくらんだのではないか。だから、海江田さんの辞任と同時に、官邸主導で事務次官や原子力安全・保安院長らも責任をとらせる形でクビを切り、『大臣以下、悪者を成敗した』という正反対の構図にしよう画策していたのでしょう」

 ここから両者のせめぎ合いが始まる。

 菅首相側の姑息な思惑を知った海江田氏や経産官僚は、この謀略を制しようと、逆にこちらが率先して更迭人事を断行することを決めたのだ。2日、首相官邸に出向き、海江田氏は「原発担当の幹部を更迭します」とだけ菅首相に伝えた。

 ところが、「手柄はあくまでもこっちで取る」ことに異常に執着する菅首相は、こんな手を打ったという。

 「特定の新聞にリークして、4日朝刊に、菅首相主導で原発担当首脳を更迭するという記事を出させたようだ。わざわざ、『首相意向』という小見出しが付いていたが、そこまで頼んだのでは。海江田さんが同日早朝、記者会見を開き、『人事権者は私だ。更迭は私が決めた』『1カ月前から考えていた』と宣言したのは、また浜岡原発停止のときのように、手柄を奪う菅首相の機先を制するためだった」(海江田氏側近)

 まさに、菅首相の十八番。「俺は悪くない、悪いのは向こうだ」と、相手を悪者にして自分が浮かび上がる手法だ。

 菅首相は「政治とカネ」の問題が直撃した小沢氏を悪役にして、自らを浮揚させた。人事でも、相手が断ると分かっていながらも頼み、断ったら相手を悪者にした。自民党の谷垣禎一総裁の入閣一本釣り電話など、その好例だ。

 そして、今回の原発問題。悪いのは海江田氏と経産省と東京電力。それと戦う自分(菅直人)だけがヒーロー、というわけだ。

 実は、東電本社前で連日繰り返されているデモも同じ構図だという。菅首相は震災当日、「原子力緊急事態宣言」を発令しており、原発事故収束の最高責任者は菅首相なのだが、官邸や国会がデモ隊に取り囲まれる光景は見られない。

 「首相周辺が、各種団体に『デモは東電前でやると効果的だ』とアドバイスしているらしい。『悪いのは東電』という印象付けを仕向けている可能性がある」(警視庁幹部)

 菅首相は最近、イエスマンの若い側近らをこう怒鳴りつけている。

 「お前たちは分かってない。政治は闘争なんだよ!」

 これは明らかに間違っている。菅首相がいま戦うべき相手は、海江田氏でも、閣僚でも、与野党幹部でもない。広範囲に拡散して国民を苦しめている放射性物質をはじめ、東日本大震災で横たわる難題こそが戦うべき相手だ。権力維持しか頭にないから、菅首相には自らの本分が見えないのだ。

 ■すずき・てつお 1958年、福岡県生まれ。早大卒。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、東京MXテレビ編集長などを経て、現在、日本BS放送報道局長。著書に「政党が操る選挙報道」(集英社新書)、「汚れ役」(講談社)など多数。




いよいよだ。


いよいよだ。


念願叶うときが来た。



我らカンチョクトが理想とした、総理をはじめ全ての閣僚ポストを兼務すると言う日本初の単身内閣が完成する。





世の中に不満があるなら自分を変えろ!!。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!!



我々の間には、チームプレーなどという都合のよい言い訳は存在せん。

有るとすればスタンドプレーから生じる、チームワークだけだ。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。