FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0801
Mon
tb* 0
com*2

安愚楽牧場倒産

以前書いた気がしないでもないですが、2010年の宮崎で大発生した口蹄疫の1ヵ月もの間、隠蔽してたと言われた安愚楽牧場です。

重大犯罪だ!口蹄疫感染1ヶ月も隠ぺい 旬刊宮崎



今回の原発事故の影響で止めを刺されて倒産したようです。

TSR企業コード:26-013666-2

(株)安愚楽牧場(那須郡那須町埼玉2-37、登記上:同郡那須町高久丙1796、設立昭和56年12月、資本金3000万円、三ヶ尻久美子社長、従業員514名)は8月1日、栃木義宏・柳澤憲の両弁護士(栃木・柳澤法律事務所、東京都港区虎ノ門1-22-13秋山ビル3階、電話03-3580-1331)に債務調査を依頼した。

負債総額は平成23年3月期末時点で619億8705万円

昭和54年1月那須町で共済方式による牧場経営を開始。和牛オーナー制度(繁殖牛のオーナーを募集し、生まれた仔牛を買い取るシステム)で資金調達する独自のビジネス手法を開発・確立。超低金利の続く経済環境の中、「高利回り金融商品」の一つとして一般投資家に注目され、事業規模は拡大を続け、会員数は全国各地で3万人を数える。北海道から沖縄までの全国40カ所に自社牧場を運営するほか、預託先牧場は全国に338カ所あり、黒毛和種牛牧場として国内最大規模を誇り、平成23年3月期は1027億2394万円と初の1000億円超と業績を伸ばしていた。

 しかし、平成22年に発生した口蹄疫問題では、宮崎県内の牧場で症状が発生した牛が発見され、最終的に約1万5000頭が殺処分された。また、東日本大震災に伴う福島第1原発の放射能漏れ事故による対象地区での牛の放牧制限、放射性セシウムの検出による福島県産牛肉の出荷制限等があり、また風評被害から牛肉消費が落ち込み市場価格が急落したため、出荷を見合わせる事態に至った。

 その結果、資金繰りが悪化し、取引先への代金支払は現在停止状態となっている。担当弁護士側は資産・負債の調査は1カ月以内に終了することとし、その後今後の方針決定した際に改めて発表するとしている。 

弁護士事務所では債権者向けに専用のコールセンター(050-5505-3720、受付時間:月曜日~金曜日、午前9時~午後5時)を開設している。



安愚楽牧場

株式会社安愚楽牧場(あぐらぼくじょう)は、栃木県那須郡那須町に本社を置く畜産会社。栃木県、北海道、宮崎県などで40ヶ所の牧場を運営し、黒毛和牛をはじめとする肉牛15万頭を飼育している。同社の特徴として、オーナー制度を実施している点が挙げられる。

オーナー制度

特定商品預託法に基づいたシステムで、オーナーは同社に売買・飼養委託契約金を払い込み、繁殖母牛の飼養委託契約を締結する。契約期間中に子牛が生まれた場合には、飼養管理費を差し引いた買い取り代金が支払われる。

口蹄疫の不適切対応

2010年に起こった口蹄疫の問題に関して宮崎県の検証委員会は家畜伝染病予防法に違反している不適切な対応があったとして指導を行う方針を固めた。具体的には

・複数の牛に発熱やよだれなどの症状を確認したが通報しなかった

・獣医師がすべきところを一般従業員による家畜への投薬が日常的に行われていた

が挙げられる。これに対して安愚楽牧場は「真摯(しんし)に受け止め、改善策をさらに進めたい」とコメントした。


口蹄疫で問題になる前は和牛預託商法で話題になった会社です。

和牛預託商法(わぎゅうよたくしょうほう)は、和牛の飼育事業に出資を募った上で、約束した配当を行わないという詐欺商法の一つで、現物まがい商法の一種である。


※ 安愚楽共済牧場はテレビCMによる略称の安愚楽牧場で知られ、事件被害が問題とされた企業の中で2010年現在唯一破綻せずに存続している。

法規制もあり最盛期には17社あった和牛預託商法の企業は出資者からの返金要請に応じて次々に破綻し、軽井沢ファミリー千紫牧場とジェイファームの2社の元社長が出資法違反と詐欺により逮捕・起訴されるなどして、同商法の被害は一旦収まった。

しかし、ふるさと共済牧場は2001年(平成13年)8月1日付けで商号変更して「ふるさと牧場」に改称して事業を存続させていて、2007年に至りついに破綻した。支払能力がないにもかかわらず投資家を勧誘して資金を騙し取っていたとして2008年11月に同社社長ら6人が詐欺容疑で逮捕・起訴された。低金利が続く中で「2年で7.8%の予定利回り」を謳ったパンフレットを郵送するなど従前と同じ手口で資金を集め、大部分が和牛とは無関係の元役員らの不動産投資などに使われ、一部を配当として支払いながらの自転車操業を続けていたもので、出資金が返還されていない新たな被害者は約8000人、被害総額は約226億8000万円と見積もられた。


安愚楽牧場が詐欺ではなく特定商品預託法に基づくファンドであるか否か。

[投資家]売買・飼養委託契約金として投資

→ [安愚楽牧場]雌牛購入

→ [安愚楽牧場]種付け及び飼養

→ [安愚楽牧場]子牛と母牛の売却代金で金利と元本返済

という流れのようです。

微妙なラインを綱渡りし続けてきた安愚楽牧場ですが、とうとう別次元で倒産ですか。


これがきっかけで連鎖倒産にならなきゃいいんですが。


関連記事
comment
あぐらの今後は厳しい
れ投資家 #mQop/nM.
やはり倒産ともなれば、原発問題などとも含めてとても厳しいのかと思います。
2011/08/13(土) 16:22:20 | URL | edit
ダーク・ナリス #dT5M8vE.
今年度最大規模の倒産ですが、経営視点が投資目的なのでどうなんですかねぇ。
負債額4330億で債権が4207億。
牛は全部で14万5900頭しかいないそうで計算が合わないような・・・。
2011/08/17(水) 15:29:18 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。