FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0719
Tue
tb* 0
com*0

カンチョクトの根っこ

口を開けば増税を声高らかに唱える与謝野のおじいさんには困ったもんですが財源が無いのも確か。手当たり次第に増税を叫ぶ彼には注意です。


毎年埋蔵金が出てくると叫んだ佐賀県の議員さんは影が薄くなってきましたね。

朝夕と言う事が違うと叩かれてからメディアに出なくなったのか相手にされなくなったのか。



埋蔵金どころか埋蔵電力があるんだ、と確信をしているカンチョクトでございますが9月の国連総会に出る準備を始めてるようです。

あれ?まだ辞めんの?




なでしこJAPANの頑張りに感化されたのか「私も頑張る」と誰からも求められていないのに頑張るカンチョクト。


さて、個人的見解でしか無かったはずの「脱原発依存」が飛び出す事は避けられず、実現性の無い希望的観測に基づく宣言は鳩ポッポの二酸化炭素25%削減宣言と同様に世界からは冷ややかに迎えられる事でしょう。

ああ・・・また恥をさらすつもりか。



本題の献金問題です。相変わらず櫻井よしこ氏の申すは面白い。



カンチョクト首相の資金管理団体"草志会"をはじめ民主党が全面支援する団体"政権交代をめざす市民の党"への献金問題です。

余りクローズアップされてませんが大いに問題がある予感。


下に記載のある菅直人資金管理団体"草志会"から"政権交代をめざす市民の会"へ6250万円が献金。この献金は実は民主党から出ていたのだと産経ニュース。



公安から市民の党という団体についての認識は、

「セクトに所属していないさまざまな左派、元活動家が集まった団体」

とまさに若かりし頃のカンチョクトが飛びつきそうな団体で実際飛びついてたんだろな。

"市民の党"、並びに"政権交代をめざす市民の党"の代表、酒井剛氏(PNで斉藤まさし)の経歴はどんなものなのか。


◆ 名前:斉藤まさし、酒井剛

[資料]

・週刊文春 2011年7月21日号「菅首相が6250万円渡した前科1犯「市民活動家」の正体」

・AERA 2003年10月27日号『斎藤まさし・市民の党代表―市民派選挙の神様』(現代の肖像)

[手がけた選挙]

・菅直人(1980衆院選)

・中村敦夫(1998参院選)

・秋葉忠利(1999広島市長選)

・堂本暁子(2001千葉県知事選)

・喜納昌吉(2004参院選)

・後藤祐一(2006衆院選)

[経歴]

 1951年 島根県邇摩郡五十猛村生まれ

 1969年 県立大田高校

 1970年 上智大学外国語外国語学部ロシア語学科入学

 1971年 学生訪中団に参加

 1972年 学費値上げ反対ストで除籍処分を受ける

 逮捕歴=3回{学費値上げ反対闘争、狭山闘争(1977年)、公務執行妨害(1985年)}

 1974年 日本学生戦線結成に参加

 1977年 同窓の女性と結婚(2000年離婚)

 1979年 『マルクスレーニン主義・毛沢東思想に立脚した新党』を掲げて立志社設立

 ポルポト派支援運動

 成田空港反対闘争

 1983年「MPD (平和と民主運動)」結成、田英夫・元社民連代表や横路孝弘衆院議長らと

 1996年 「市民の党」結成


田英夫・元社民連代表(故人)や横路孝弘衆院議長とは懇意だったようで、MPDという団体を立ち上げてます。

横路孝弘衆院議長(70歳・民主党)ってのは日本教職員組合(日教組)が支持母体で"外国人への参政権付与"を肯定している人ですね。

田英夫氏という人が酒井剛氏と菅直人首相を引き合わせてようです。

日本社会党、社会民主連合、新党護憲リベラル、平和・市民、社会民主党と所属政党を転々とし、時流によって大幅な政策転換を繰り返した人だったようです。

日本人拉致にかかわった北朝鮮スパイの辛光洙(シン グァンス)の釈放署名要望書に管直人、千葉景子、江田五月らに署名させて人でもあります。

"市民の党"、"政権交代をめざす市民の党"、"MPD(平和と民主運動)"という団体は根っこが一つと言えますね。


勿論、党として推してる団体なので管直人首相だけでなく鳩山由紀夫氏の資金管理団体からも1000万(2007年)を献金してますね。

民主党とはズブズブの仲だったという訳です。


でわ、具体的にどんな団体か。


 たとえば市民の党の横浜市議、井上さくら、与那原寛子両氏は02年5月29日、市議会本会議場で国旗を引き下ろそうと揉み合った。同年6月5日の本会議で2人は議長席と事務局長席を占拠、6時間近い議事妨害で、地方自治法上最も重い除名処分を受け失職した。

 2人の市議が実力行使で示した日の丸忌避の精神は菅首相に共通する。首相は国旗の法制化には「賛成の意思を持っていた」としながらも、国旗・国歌法案に反対した実績がある。

【櫻井よしこ 菅首相に申す】献金問題の深い闇 より



さらに


 市民の党はまた、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿と妻の森順子容疑者の長男の森大志氏を今年4月の三鷹市議選に候補者として擁立した。森容疑者は1980年、石岡亨さんと松木薫さんを欧州から北朝鮮に拉致し、現在国際指名手配中である。

【櫻井よしこ 菅首相に申す】献金問題の深い闇 より



とこのような団体が民主党の有力なバックの一つです。


"政権交代をめざす市民の党"の結成は平成18年で設立から5年程ですが、菅直人首相と"市民の党"との付き合いは30年前からだそうです。

菅直人首相の初当選が1980年なのでその前後からの付き合いって事か。



この"市民の党"のネットワークは共産主義勢力と密接らしく、カンボジアのポル・ポト派幹部のイエン・チリト元社会問題相からも寄稿されたらしい。

こんな団体への献金について菅直人首相は7月7日の参院予算委員会で

「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えて寄付した」

と答弁したそうな。





菅直人首相就任当時、安倍晋三元首相は

「史上稀に見る陰湿な左翼政権」

と言い放ち、麻生太郎元首相も

「市民運動と言えば聞こえはいいが、これだけの左翼政権は初めてだ」

と言われた菅政権。


もう権力にしがみつく様や内ゲバを演出する様子などはまさにソレでありますが、一方で自民党政権に戻すか、と言われるとまた微妙ですな。

際立って今の政権が異常なのは理解できますが、政権交代直前の自民党政権も同じように酷いもんだったんでどっちもどっちなのか?


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。