FC2ブログ
--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
0614
Tue
tb* 1
com*0

DVD

最近観たDVD。



■ RED/レッド

フランクは元・CIAの腕利きのエージェント。現在は引退し、田舎で一人のんびりと平和に暮らしていた。ある夜更け、家に何者かが自宅に侵入したが、フランクはこれを片付け、更には外で銃弾を放つ敵もかたなく葬り去る。役所に勤めるOLのサラの家へと向かい彼女に事情を話すが、全く信じてもらえず、言い争いの中で新たな敵が襲い掛かる。襲撃した者がCIAに関わりがあることを知ったフランクはかつての仲間であるジョー、マーヴィンと元・MI6の名狙撃手であるヴィクトリアと共に陰謀に立ち向かう。

監督:ロベルト・シュヴェンケ

(ドイツの映画監督で本作が4作目。)

コメディ要素もあり、題材が面白い。「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略でRED。出演している役者さん達もいい味だしてます。中々の娯楽映画。



■ ソーシャル・ネットワーク

SNSサイトのFacebookを創設した史上最年少の億万長者となったマーク・ザッカーバーグらを描いたドラマ映画である。

監督:デヴィッド・フィンチャー

(エイリアン3、セブン、ゲーム、ファイト・クラブ、パニックルーム、ゾディアック、ベンジャミン・バトン数奇な人生など)

映画評論家や各紙では絶賛の作品。日本では馴染みが薄いFacebookの話ですが、中々興味深い内容で面白い。馬鹿と天才は紙一重と昔から言いますがまさにその通り。社会的人間的には欠陥だらけの主人公で、昔なら村八分になって一生陽の当らない場所なんでしょうが、一芸に秀でた才能で億万長者になる過程は面白いです。

ちなみに、Facebookは日本で流行ってませんが、その理由としては匿名性が無い事、派手なフォームでなくクールである事、等等。



■ ウサビッチ(Усавич / USAVICH)

舞台は1961年、ソビエト連邦時代のロシア。主人公は刑務所で服役中の二羽のウサギ。シーズン1では彼らの監獄生活を、シーズン2では脱獄した二羽と民警のカーチェイスを、シーズン3では逃走劇を経て辿り着いたデパート(マフィアの巣窟)でのドタバタを、それぞれ描いている。

MTV Japan局のMTV FLASHER枠で毎週月曜24時55分頃から初回放映され、ポニーキャニオンよりDVD化もされているが、最初はMTVの親会社である米バイアコムが日本でスタートさせた携帯コンテンツサービスFLUXのために企画され配信された。1回あたり90秒の短い尺は携帯電話での鑑賞を見込んだためである。

原作・監督・脚本・デザイン等、日本人なんですね。CGデザイナーの富岡聡、キャラクターデザインは宮崎あぐりだそうです。

もうこれ最高傑作。シーズン1~3まで出ておりシーズン4が待ち遠しい。

元々はMTV japanから人気になったようですね。

最近はいつレンタル屋に立ち寄っても貸し出し中です。


後は、この2本を借りてみようかなー。

■ 英国王のスピーチ

2010年のイギリスの歴史ドラマ映画。第83回アカデミー賞作品賞受賞作品。イギリス王ジョージ6世(即位前はヨーク公アルバート王子)の史実を基にしてる作品。

吃音症(きつおんしょう)と向き合い、見事な演説が出来るようになる物語。新進気鋭の監督で他の作品はよく知りませんが、この作品は評論家や各紙で絶賛。

■ ツーリスト

フランス映画『アントニー・ジマー』をリメイクしたアメリカ映画。俳優は好きなんですが。評論家受けは最悪な一方、ゴールデングローブ賞では複数ノミネートされた作品。

傷心を癒すために、イタリア(ヴェネチア)旅行に来たアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)が、旅路で謎の上流階級の美女のエリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)と知り合うことで巨大な計画に巻き込まれてゆく。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
6週間以内に吃音(どもり)を克服し、不安のない人生を手に入れられる、これまで300名以上の吃音者に支持されてきた特別なプログラムをあなたにお教えします。
2011/09/09(金) 21:50:37 | 吃音(どもり)完全克服プログラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。